頭痛①~頭痛とは~

頭痛について(その1)

<はじめに>

頭痛という症状はとても多いものです。頭痛患者は日本でも3000万人~4000万人もいると言われており4人に一人は頭痛を感じるという計算になります。二日酔いの頭痛、風邪をひいたときの頭痛など 頭痛を一度も感じたことがないという人は少ないでしょう。

このような頭痛は短期間で自然と治りますのであまり影響はないでしょうが、頭痛には命に関わるものや、生活の質を著しく低下させてしまうものもあります。

今回はそのような頭痛に関して頭痛専門医として簡単にお話させていただきます。


<怖い頭痛と怖くない頭痛>

「頭痛!」というとまずは「脳に病気があって命に関わるのではないか」と心配されるのが普通ではないでしょうか。確かにそういうこともあります。しかし実際は頭痛で命に関わることはとても稀なことなのです。クリニックの頭痛外来を開設して3年のうちに脳腫瘍1件、くも膜下出血1件のみです。稀だからといって無視していいということでは決してありません。心配な方は一度は頭痛専門外来を受診されることが無難でしょう。


それでは「怖い頭痛」とはどういうものでしょうか。もちろん脳の病気が原因で起こるものが命に関わる怖い頭痛ということになります。それらを二次性頭痛といいます。脳腫瘍や脳卒中、髄膜炎や先天奇形などです。特に多いのが脳卒中で頻度順にいうと 脳梗塞、脳内出血、くも膜下出血です。しかし一番多い脳梗塞が頭痛で発症するということは稀でほとんどが半身の麻痺や言葉の障害、視野障害などで発症します。これに頭痛が加わると脳出血も疑われます。一番典型的な怖い頭痛はくも膜下出血です。これについては後述します。


「怖くはない頭痛」とはどういうものでしょうか?これらを一次性頭痛または慢性頭痛といいます。有名なのは片頭痛や筋緊張型頭痛 群発頭痛などです。実は一次性頭痛のほうが二次性頭痛より圧倒的に数は多いのです。しかし命に関わらないから放置しておけばいいかというとそうではありません。例えば片頭痛などはとても辛い頭痛で学校や仕事を頻繁に休まなくてはいけなくなったりして 生活に質が極端に落ちてしまうことになります。その頭痛をコントロールすることはとても大切なことであり、「頭痛ぐらいで仕事を休むなんて…」という偏見や無知から救うことができます。現在は特効薬や画期的な予防薬が開発されており 片頭痛の治療はとても進歩しています。


それでは次回からは 怖い頭痛の代表として「くも膜下出血」 怖くない頭痛として「片頭痛」を取り上げてご説明します。

閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

頭痛について(その2) ~くも膜下出血~ <くも膜下出血とは> 私は脳神経外科専門医・指導医として長い間この病気と闘ってきました。しかしこの病気ほど医師としての無力感に苛まれる病気はありません。というのも発症したときにはその場で亡くなってしまう方も多く、病院に辿り着いても手術ができなかったり、手術をしても重い後遺症が残ってしまったりすることがあるからです。 病気の原因のほとんどが脳動脈瘤が突然破裂

頭痛について(その3) ~片頭痛~ <はじめに> 片頭痛は「怖くない頭痛」である一次性頭痛の代表的なものです。怖くはないといってもとても辛い頭痛であることは確かです。また その特効薬があることもご存じない患者さんが多く 薬局で買える頭痛薬で何とかしのぎながら生活されている場合がとても多い印象です。 片頭痛について少しでも知っていただき頭痛に悩まされないで普通の生活を送っていただきたいと思います。

院長の檮木(うつぎ)です。 開業して今年の1月で丸3年を経過したことになります。前院長のあとを継承し、当院のモットーである「0歳から100歳まで優しく人を診る(人見)」を忘れないように診療して参りました。3年のうち2年間は新型コロナウイルスという我々が未だ経験したことのない難敵との闘いでしたが、患者さんやスタッフに助けられながら地域医療に貢献する難しさを実感しつつ診療してきました。開業当初はブログ