循環器内科

理念

 循環器内科とは簡単に言えば”心臓の内科”です。主に心臓の病気に加えて動脈硬化による血管の病気を扱う科です。”心臓の死”が”人の死”と定義されるように、心臓は命の源の臓器として血液の循環を司っています。当院では心臓とそこからつながる血管を含めて全身の循環を健康に保つことを目的として、患者さんとともに病気に向き合っていく診療を行っています。

どんな時にかかればいいの?

下記のような症状でお困りであればご相談ください。

動悸:いわゆる胸がドキドキする感じです。人間は普段自分の脈の鼓動を自覚しません。

   もし脈の速さや強さを自覚するようであれば、不整脈や心不全、高血圧などの病気の可能性があります。

息切れ:階段を上った時などに息苦しさが生じることがあれば、心不全や肺の疾患などが疑われます。

    症状がひどくなると呼吸困難につながることがあります。

胸痛:胸の痛みを生じる疾患は様々ですが、狭心症や心筋梗塞といった心臓の病気の場合は命にかかわることがあります。

   特に胸をつかまれたり、押されたりするような圧迫感の場合が典型的と考えられています。

足や全身の浮腫:心臓の悪さにより循環不全が起こると全身に血液がうっ滞し浮腫(むくみ)としてあらわれます。

        数週間での急激な浮腫みや体重増加などは心不全の可能性があります。

食欲不振:心不全による浮腫みが腸管に生じた場合はと腸管運動が低下し食欲不振となることがあります。

めまい、失神:脈が遅くなるような不整脈の場合、心臓からの上の血流が途絶えめまいや失神をきたすことがあります。

下肢のだるさ、痛み:歩行中のふくらはぎや太ももの痛みは足の血管(動脈、静脈)の狭窄による症状の可能性があります。

 

​当院で対応できる疾患

心不全:心臓の機能低下や異常により、息切れや浮腫みを引き起こします。

    徐々に症状が強くなる息切れや浮腫みを自覚された場合は受診をお勧めします。

虚血性心疾患:狭心症や心筋梗塞といった心臓の動脈に狭窄がある場合に引き起こされる病気です。

       走った時や階段を上った時に胸の痛みを自覚される方は注意しましょう。

弁膜症:心臓の中で血液の流れの逆流を防止している部位を”弁”といい、その弁の異常を弁膜症といいます。

    健康診断で心臓の雑音を指摘された方はこの病気の可能性があります。

不整脈:脈の速さやリズムの異常が見られることで、動悸や失神などを引き起こします。

    動悸やめまいなどを自覚される方は受診をご検討ください。

動脈疾患:動脈硬化を原因として様々な動脈の異常を引き起こすことがあります。

     特に大動脈に瘤(こぶ)や解離を起こしたり、足の血管の狭窄から足の痛みやだるさを引き起こす

     下肢閉塞性動脈硬化症などがあります。

静脈疾患:長時間の臥床や座位で下肢の静脈に血栓ができるいわゆるエコノミークラス症候群や肺塞栓、

     足の静脈が拡張する下肢静脈瘤などの静脈の疾患も診察が可能です。

03-5370-2166

tel

​診療時間内お願いします。